Tel:86-412-3773229     3773560
CN          EN          KR         JP

ニュースの詳細


2015年、タルクの輸出額2次公開入札。
来源: | 著者:beihaigroup | 発表時間 :2017-11-05 | 431 回覧: | Share:

2015年度のタルク輸出額の2次公開入札は、2015年7月15日から開始される。「輸出商品の割当入札」および「工業品輸出割当発注」(対外経済貿易・早計「2001」626号)に関する規定によると、関連事項は次のように提示されている。
1、商品名および范囲を入札する。
滑り石(粉)
商品税関が符号化:
25万261020の未完成と未研粉のタルク。
25262020.01リフト。
25262020.90は砕けたりすでに研の粉の他の天然タルク
38249091は、重さに加えて、滑石50%以上の混合物を含んでいる。
二、入札数。
今回のタルクブロックの粉の公開入札数:22.5万トン
3、入札时间
入札时间:2015年7月15日~ 7月16日
真っ表示时间:2015年7月16日16:00
入札时间:2015年7月17日10:00
四、入札方式だ
「中国国際電子商取引サイトを通じて、「入札した。企業が真っ規定の電子プロポーざる標時点の前を一枚しかない、と同じ企業成功送達プロポーざるが2つ以上の電子(2つを含む)で、同社のプロポーざるを無効にして。
入札企業完成10分後、操作に上陸できる中国国際電子商取引サイトでの電子入札企業情報サービスシステム"プロポーの照会されたかどうかは本体買収に成功した。対切り落とさ標30分前に提出し、入札企業の検索システムが入札保証できない本フィードバックされるか成功の本体に受信。
例えば電子入札ください故障、最も遅い時間は2時間前に切り落とさ标と中国国際電子商取引センターの顧客サービスホットライン连络、直ちに排除故障。さもなければ、企業の入札操作の失敗に自ら責任を負う。
電子入札入札技術保障作業は中国国際電子商取引センター(ediへ)が担当し、具体的な操作の問題で、ediへ担当の説明だ。
电话:010-67870108(顧客サービスセンター)
ファックス:010-67800343
五、投标量
(1)最低投标量は200万トンで、最高投标量企業別に2012 ~ 2014年の平均輸出や出荷台数算定したものと、案の具体的な算定したものは次の通り。
年平均輸出や出荷台数の最高投标量
= 0.2まんトンより平均年輸出及び出荷台数×34%
以下の0.2まんトンの0.2まんトンを
(2)平均輸出や出荷台数=実際の年平均の数×0.88 +実際の年平均輸出額/全国平均輸出単価×0.12 +年出荷台数×0.2
例えば企业実年平均輸出数量>平均年の出荷台数は、平均年の輸出および出荷台数=実際の年平均輸出の数×0.88 +実際の年平均輸出額/全国平均輸出単価×0.12
(3)より凡そ投标量最高投标量や最低投标量プロポーざる均を廃標を下回った。
六、最低入札価格
今回の入札を新設最低入札価格、入札企業直接受信できる電子プロポーざるで入札会の最低落札価格を確定する。入札委員会の規定より最低入札価格水準のプロポーざる均を廃標。
七、落札価格と落札数
にすべての入札企業の入札価格が高順に低い、序列通りにわたって累積入札企業の入札件数、累積入札量の入札の総量と同じとき、計上累積入札総量(すなわち入札総量)の企業、すなわちを落札企業。
企業の落札数をその入札は落札。ば、最低落札価格の入札企業数合わせた残りの割当量を超えた時、これを価格の入札企業別にその数の比例分配残り割当。企業が落札数が最低入札量以下の通り、落札処理しなかった。落札価格すなわち企業は企業の入札価格。
八、落札结果照会
今回の入札は2015年7月17日10:00開札し、翌日、中国国際電子商取引サイトで初歩の落札価格の結果を発表した。入札企業如有疑問は、7月20日15:00前に入札事務室提示した。7月22日からは、各企業の入札を通じて中国国際電子商取引サイトでの照会できる経入札審査委員会の公式発表の企業の状況を落札。入札事務室には、各企業に書面『落札通知書」。